私の好きなサブカルやアングラ

hiphop/rap, ニコマス などなどな


765アレンジ企画に参加しました

765PRO Arrange Stars!! / アイマスRemix

主催 : こーすけP


 

グロックと動画ジャンプ機能を使ったツアー形式の企画
「765アレンジ企画 765PRO Arrange Stars!!」に参加させていただきました。

765Pro ArrangeStars!! - TwiPla



↓↓追記有(2016/12/28)↓↓ (クリックで追記箇所へ)


参加 → 音源 → 動画 の順で書いていきます。

◇まずは、参加の経緯から。
正直、参加しようか悩みました。
私はRemixやArrangeをちゃんと作ってないどころかトラックメイクもほぼサンプリング。
ジャンルもそこまで考えていない。
対して、ニコニコに上がっている最近のRemixを聴くと、原曲の音を使った様子もなく、どのような曲にするか明確にしてから作っている様子です。

場違いじゃないだろうか、サンプリングという手法は受け止められているのか…。
そこで勇気を出して、主催者のこーすけPさんTwitterのDMでサンプリングの使用について伺いました。
二週間近くにわたってご相談させていただき、納得して私も音源を自作するという形で参加させていただくことにした次第です。感謝。





◇選曲。サンプリングは無し。(ここから書き方が雑です)
企画を見た段階で、他の参加者と被りにくく且つ私が楽譜を持っているものとして、「マリオネットの心」「七彩ボタン」「arcadia」が候補に挙がりました。
フレーズが難しかったので「arcadia」は断念。
転調があるものの「七彩ボタン」と「マリオネットの心」のは一部同じキーになるので、「マリオネットの心」をメインに「七彩ボタン」のフレーズの一部を混ぜるという発想から竜宮小町の三人を採用。
(ここで、フレーズを借りてくることもサンプリングだという見方だってある、と言及されそうですが、こーすけPさんとのご相談ではサンプリングについては音源に関してのみでフレーズは企画の趣旨から外れなければ良いだろうと考えていました)
結果として、フレーズを組み込むという余裕もなく「マリオネットの心」という選曲になりました。

サンプリングをしてはいけないので、自分で音源を用意しなければなりません。
楽器は弾けませんが、いくつか音源となるものは持っています。

  • DAW付属の音源
  • ソフトシンセ数点
  • リコーダー
  • 鳴子

他に機材で小型シンセサイザーなど。しかし、どれもサンプリングしたトラックに少し付け足す程度にしか使っていません。
これを機に、もっと使っていこうと思いました。案外楽しい。
楽しいのですが、シンセ等に使われている用語を知っているからちょちょいと音を作れるということではなく、それは、沢山作ってきた、沢山聴いてきたという経験があってのものなのでしょう。全く思うようにいきません。
毎回同じようなこと書いています、どういうものを作るかを事前にしっかり練っていないからですね。思うところもないのに何を為そうというのでしょうか?
音楽のジャンルとしては、“とりあえずシンセを鳴らしたもの”ができました。





◇Lo-Fi について。/p>

Lo-FiLow-Fidelity)とは、音楽レコーディングの際の録音状態、録音技巧の一つで、極端に透過なものではない録音環境を志向する価値観。転じて、そういった要素を持った音楽自体を表す言葉。対義語はHi-Fi

Low-Fidelityの略を起源とするが、日本などで生まれた「略語」ではなく、英語圏でも同様にLo-Fiとして扱われる一つの独立した「用語」である。

起源であるアンダーグラウンド、インディーミュージックシーンにおいては、依然として一つの重視され得る価値観としての力を保ち続けており、メジャーシーンにおいても一つの指針として評論などにその影響力を与え続けている。

Wikipediaより引用・抜粋

極端に言えば、低音質。
再生・録音環境が悪い(と言ったら語弊があるかもしれませんが)からこその揺れやら空気感やらノイズやらがたまらないです。そこまで詳しくないのであまり語りませんが。
とりあえず聴いてみてはいかがでしょうか。

Various Artist- Lofi.HipHop 1 Yr (Full Album)

FreeDL→ lofi.hiphop - lofi​.​hiphop [ 1 yr ]

Bassti - Winter EP


HIPHOPでもよく使われるサンプリングという手法は、レコードプレーヤーで再生した時に鳴る「チリチリ…パチパチ…ブチッ…」などといったノイズもそのまま使ったりもするので、Lo-FiとHIPHOPは親和性が高いのかもしれません。
私は幅広くジャンルを聴く方ではないので、他ジャンルのことを余り知りませんが。
それにしてもMAD動画はさまざまなジャンルの音楽・動画を楽しめるので止められませんねー…(唐突)。

なぜLo-FiなRemixしたかというと、好きなのはもちろんなのですが、自信の無い“とりあえずシンセを鳴らしたもの”をなんとかしたかったというのが理由です。
誤魔化しっ!
作り方もちゃんとしたのが見当たらなかったので、持ってるサンプラー等に何度か通してその間にもエフェクト挿したりして色々試しながら作りました。
思えば、この時が一番楽しかったかも。

◆追記(2016/12/28)
MPCプレイヤー、トラックメイカー<のKO-neyさんがLo-Fiな音を作るための手段を紹介する記事を書かれていました。
ラフサウンド - AKAI MPC Player KO-ney on Tumblr
◆追記おわり


あと、予約投稿する直前になって、他にLo-Fi Remixなるものを上げている人はいないか調べたらいくつかヒット。
その中の一つ。

東京女子流 - Say long goodbye -Lo-Fi Remix-

原曲: 東京女子流 / 渾身のバラード"Say long goodbye"MV+SPOT





◇動画について。
ボーカルは星井美希水瀬伊織三浦あずさ双海亜美なのでそれに合わせています。
前述した選曲の流れで、竜宮小町が美希の曲の「マリオネットの心」を歌うことに何も感じないわけではありませんが。
ボーカル抽出で美希の抜けがいまいちで、対して竜宮小町のが比較的綺麗に抜けたのでこうなってしまいました。

なんと今回、借り物ではなく自分でキャプチャーしました!ので比較的シンプル。
カメラワークを決めたり衣装やステージを変えたり、分かってましたが慣れるまでは大変に感じそうです。
この度のはじめましては、同じカメラワークを使って衣装やステージを途中で差し替える演出と、画面がきゅるるると縦に回る(?)演出でした。
画面をきゅるるるさせる方法が分からず色々調べましたが、検索する単語が悪いのか見つからず……。
そんな中見ていたニコマス年末生祭り(#NNNM16)での BARRY_P主催VDJライブ生放送『MERSEYSIDE LIVE!! in nnnm16』 の中で流れた動画に見つけました。

【選曲Sw@pping Festival】怪盗千早ちゃん
by まちぼんP
anさん、BBPさん主催の『選曲Sw@pping Festival』 参加動画。
かわいい。


【選曲Sw@pping Festival】怪盗千早ちゃん より
再生時間00:00:50辺り



何度も見返して、ああ、こんな感じに作ってるのかなと推測して私も試しました。

マリオネットの心 -lo-fi remix- より
再生時間00:02:24前後
フレームバッファを作り、その中に画像ループを追加して縦回数の数値を増やす(増やすほど速度が上がったように見える)。
速度Yの数値もお好みで弄る。
歪み系エフェクトのラスターも追加して、これもお好みで。
この動画の場合は加えて、効果が終わる少し前に中間点を打って画像ループの縦回数とフレームバッファの透明度を変化させています。




また、まちぼんPさんはこちらの動画でも使われていましたね
(今回の動画のエンコード中に携帯に保存してたのを見てて気づいたw)。

アイドルマスター MADLIVE EXP!!!!!vol.3 告知動画
by まちぼんP

改めて視聴すると、私のよりもう一工夫されてる感じがありますね。
怪盗千早ちゃんに視力を奪われながらも、すごい先輩Pさん方から技を盗んでいきましょう(笑)。
いえ、勉強させていただきます!
グリッチは以前導入しようとして失敗してから試してないので、また時間がある時に導入を試みます。

広告を非表示にする