私の好きなサブカルやアングラ

hiphop/rap, ニコマス などなどな


最近わたしが買ったCD5枚 (懐かしい?新しい?)

 

(いいえ、はじめまして、です)

 

私はCDを買います。

といっても生活もあり、CDにばかりお金は使えませんから、たぶん一般的な枚数か、少し多いくらい。
友人や知り合いからCDを譲り受けたり、曲を教えてもらったりもよくします。
(それでも機材などにお金使ったりしてカツカツですけど)

 

私から誰かにCDや曲を紹介することって少ないのですが、
Twitterでチェックしてるアーティストの曲をツイートするくらい)

この間、友人から10枚ほどCDをいただいたのと、私自身10枚ほど買いました。

計20枚ほど。

元々、棚に収まらずに溢れていたCDが、今では棚の上で山を作っています。

ひどく傷んだCDケースのものは、タワレコのスマートケースに移すなどして、
スペース確保に努めてますが、それでもスペースが足りません。

私の欲求もです!!(?)


紹介されることを繰り返した私の心は、逆に紹介したいという欲求で満ちているのです。
溜まりに溜まったその想いが、今回この記事として溢れ出たと。
なので、棚上の山の中から5枚ほど、紹介させていただきます。

ジャンル気にせず、懐メロから実験・挑戦的なものまで。

 

そういうことで、押しつけるようですが、

ぜひ、私の紹介するCD・曲を聴いて(読んで)いってください。

 (曲のタイトル等をクリックで動画サイトのURLなどへ飛べるものがいくつかあります)

 

 

 

 

小泉今日子 - 『ザ・ベスト』

代表曲である『なんてったってアイドル』が入っています。購入した理由の一つです。

なんですが、私的に推したいこのCDの魅力の一つとして、CDのジャケットです。
ジャケットで一目惚れでした。いわゆるジャケ買いです。このジャケットは、 っ ょ ぃ 。

他にも小泉今日子の売れた曲として、『あなたに会えてよかった (1991)』『優しい雨 (1993)』
などもありますが、残念ながら、このアルバム発売以降に発表された曲です……。

しかし、このアルバム1枚で1st~19thシングルのタイトル曲を多く収録しており、
そのどれも最高順位上位で登場週数も多いものばかり。

小泉今日子のデビューからの曲を聴きたい!という方の入門にピッタリです。


最近では(といっても3年前)、テクノのクラブイベントで、DJでもあるFumiya Tanaka

小泉今日子の『Fade Out』を流して話題になってましたね。

 

 

 森高千里 - 『DO THE BEST』

引き続き、アイドルのベストアルバムです。 

このCDはブックオフで買ったんですが、購入理由は、3曲目の『私がオバさんになっても』。

また、『雨 / 渡良瀬橋』のシングルを音楽配信サイトmoraで買って持っていますが、
そちらは『雨 (as right as rain mix)』。
このCDでは、『雨』が収録されて、聴き比べたいと思ったからでした。
時間があれば聴き比べた感想を書こうと思います。

アルバム全体としては、今でいう懐メロやクラシックがバランスよく入っています。

森高千里は音楽家としても活動しており、tofubeats森高千里ファン。

森高千里 - ミーハー (tofubeats edit)』を聴いて、私はミーハー収録のCDの購入を検討中です。

渡良瀬橋』も良い曲ですよ。
↓↓歌詞に出てくる場所の写真付動画です↓↓ (自然な流れでニコマスも紹介)

 

 

L.E.D. - 『in motion』

in motion
in motion
posted with amazlet at 16.06.19
L.E.D.
Bayon production (2013-04-17)

次は違う路線へ行ってみましょう。

ポスト・ロック、バレアリックなダンスミュージック、ジャズなどのクロスオーバー(溶け合わせる)。
そんな7人組インスト・バンド L.E.D.のアルバム。

購入のきっかけは、6曲目の『賽の河原 ~八俣遠呂智の落とし子と鬼八の祟り~ feat. 志人』。

サンプリングされたループの上に、みっちり詰め込まれる志人のラップ。
途中から ガラリと変わるサウンドと変則的なトラック、フロウが特徴的な曲です。

賽の河原」のテーマに沿った志人の詩に引き込まれてゆきますね。 

どの曲も私にとって"はじめまして"なサウンドばかりで、新鮮でした。

 

 

TERIYAKI BOYZ - 『BEEF or CHICKEN』

Beef or Chicken (初回限定盤)
TERIYAKI BOYZ
Def Jam Recordings / APE SOUNDS (2005-11-16)

MCのILMARI (from RIP SLYME)、RYO-Z (from RIP SLYME)、VERBAL (from m-flo)、WISE、
DJのNIGO、4MC+1DJで構成される日本のヒップホップグループの1stアルバム。

ヒップホップやラップが好きな私が、名前は知っていたのですがまだ聴いていなかった1枚。

リリックやMVでも遊んでたりふざけてるのかな?と思いきや(←失礼すぎ)、

3曲目の『HeartBreaker』はProduced by Daft Punk
6曲目の『超 L A R G E featuting PHARRELL』はProduced by The Neputunes

と大物も。 


初回限定盤はスペシャル特典として
①めくって当てよう! BAPE®特性テリヤキバーガー (応募締切: 2005年12月7日消印有効)
②「スリープ+ミニジャケ」 スペシャルパッケージ仕様

 

 

◆sHimaU - 『SECTOR 8i』

SECTOR 8i
SECTOR 8i
posted with amazlet at 16.06.19
sHimaU
MERRYWORKS (2012-03-01)

最後に紹介するのは、ブレイクコアサウンドの旗手 sHimaUの1stフルアルバム。

私も友人から紹介していただいたCDです。

刻まれエディットされた音ネタ&声ネタが駆け抜け、圧倒されること間違いないです。

最後の5曲は「Guchon」「Ozigiri」「Sub-69」「Umio」「Shako-Pani」の豪華REMIX陣。

パチスロの演出音や映画、アニメなどのサンプリングされており、
それが知ってたり、どこかで聞いたことのある音だったりすると、テンションあがりますよ!

bandcampbeatportなどでも配信されており、試聴や音源だけの購入もできます。

(iTunesでは配信してないよう)

ブレイクコア苦手…って人も、試聴だけでもしてみたら、きっと見方が変わりますよ。

 

8曲目の『能面break』は苦手な人にも聴きやすい方だと思います。

01:45辺りから右手でちょくちょく弄ってる機材はおそらく、KORGのKP3ですね。

9曲目の『Fujiyama Gangsta Breaks』なんかも…そういえば、ブラックラグーン11巻まだかなぁ…
ブラック・ラグーン(5) (サンデーGXコミックス) ブラック・ラグーン(10) (サンデーGXコミックス)

 

 

◆まとめ 

年的には1986年から2013年、

邦楽、インスト、ヒップホップ、ブレイクコアとジャンル問わず、紹介させていただきました。

聴き慣れた曲やサウンドも良いですが、
"はじめまして"をして、新しい刺激を感じてみるのもいかがでしょうか。

私もまた、はじめましての挨拶をしにネットやお店を回る旅に出かけます…。

 

 

◆おまけ

最近、私たち友人の中でアツいのが「中華一番」という子供心満載ヒップホップクルーです。
この間、彼らが新しく曲をYouTubeに上げていたので、載せておきます。

 

[新曲] 中華一番 - 『小便』 Produced by ワキガビーツ

 

[前作] 中華一番 - 『中華一番のテーマ』 Produced by ワキガビーツ

 

 

広告を非表示にする